フリーエンジニアの魅力と困難

iT業界は給与面においては特殊な一面がある。それは、正社員のエンジニアとフリーのエンジニアを比較した場合、後者の方が高額の給与を貰っていることが少なくないことだ。これは、フリーエンジニアの立場が一般職におけるバイトやパートとは完全に性質を別にしていることを示している。

エンジニアは専門職である。ゆえに、より優れたスキルを持った者が、高額の給与を貰っていることは当然だと言える。それではなぜ、企業に正式に雇われたエンジニアより、フリーのエンジニアの方が熟練の技術を持っていることが多いのか。それは、両者のワークスタイルに起因している。

正社員のエンジニアは、会社から与えられる日々の仕事に流されて新しいスキルを得る機会をなかなか見つけることが出来ない。それに対して、フリーエンジニアは時間を自由に使えるゆえに、自分が必要なスキルは何かという問題を常に自問し、その答えに応じて学習を重ねることができるのである。仕事を選ぶ際も、自分のキャリアにプラスになるか否かを最優勢にすることができるのだ。

その事実を前にした時、エンジニア希望の者たちは迷うのである。フリーエンジニアの道を選べば、自由な時間と高額の給与を手にすることが可能だ。しかし、それはあくまでも高いスキルを身につけることが前提の話である。そのためには、自制と求道の精神を持ち続けなければならない。魅力的だからといって安易に選ぶことのできない道なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です